フィットネス業界の会社に転職(就職)を考えている方に、効率よく情報収集をしていただくために役立つ情報を提供します。
NO IMAGE

転職サイトの選び方と評判

転職サイト・エージェントは本当に有効?

転職活動を進めるにあたり、情報収集のため転職サイトやエージェントを有効に活用すれば、時間をかけすぎることなく効率的に自分に合った会社を探すことができる。

と、よく言われますが。。。

現実は、転職サイトが多すぎて登録や検索に時間がかかりすぎたり、自分のこれまでの経験やスキルをどのように生かせるのか、どのような業種や職種を選んだら良いのかよくわからない、悩んでいる間に時間が過ぎていくなど、仕事が忙しい中で限られた時間での情報収集はなかなか難しい状況でしょう。

そのような状況を打破するため、有効な転職サイト・エージェントを選び、活用するための方法をご紹介します。


自力の転職は失敗しやすい!転職サイトを活用する3つの理由

1.自分に合った会社を選んでくれる

「自分が入りたい会社」と「自分に合った会社」はイコールではありません。自分が入りたい会社は自分の主観で選ぶので偏りがあります

転職サイト・エージェントを活用すれば、客観的な視点で自分に合った会社を複数選んでもらえるので、会社選びの選択肢が広がります。

また、有名企業でも実はブラック企業で失敗。。ということが無いように、財務状況等のリサーチ調査をふまえた将来性のある会社を選んでもらえます。

2.スケジュール調整をすべて代行してくれる

転職先として会社を選んだ後、応募、面接の調整など会社への連絡や調整、交渉などを全て自分で対応するとなると、相当な時間と手間がかかる上、会社に失礼がないよう慎重な対応をするためにストレスがかかります

転職サイト・エージェントを使えば、会社との調整はすべて代行してくれますこのメリットは非常に大きいで、フル活用します。

3.希望の年収以上になりやすい

自力の転職では年収アップの交渉は難しいと思います。転職サイト・エージェントを活用すれば、業界の水準、これまでの経験や知識、能力をふまえて対等の関係で交渉してもらえますいまの会社では評価にならないスキルでも、評価される会社を選べば年収は確実にアップします。そのような会社選びをサポートしてもらえます。

以上のように、転職サイト・エージェントを使うことによって、転職の成功率、自分に合った会社に入れるかが大きく変わります。

 


転職サイトとエージェントの違い

これまで、「転職サイト」と「転職エージェント」を一括して話しをすすめてきましたが、ここで違いを理解し、使い分けることをおすすめします。

転職サイトは、とりあえず情報収集

転職サイトの選び方はとりあえず情報収集でもはじめようかくらいの、転職を考えてはいるけど、急いでいない人におすすめです。

登録すると、転職サイトが所有する求人情報のデータベースを検索して見ることができます。興味がある求人があれば、エージェントに依頼も可能。

  • 求人情報の検索するために使用
  • 情報収集をしたい人向け
  • 転職しようと思っているが急いでいない

転職エージェントは、本格的に活動開始

転職エージェントは本格的に転職活動をはじめる人におすすめのサービスです。登録すると、エージェントから連絡がきます。転職に関する相談をするための面談のスケジュール調整をします。面談を通じて自分に合った求人の紹介や転職活動のサポートをしてもらえます

  • 転職活動をサポートしてもらうために使用
  • 転職活動を本格的にする人向け
  • 3〜6ヶ月以内に転職先を決めたい

 

転職サイト・エージェントを選ぶポイント

転職サイト・エージェントはどこを選んでもうまくいくわけではありません。以下のポイントをふまえて評判の良い転職サイトの選び方を実践しましょう。

  • 転職サイトは「リクナビNEXT」だけでOK
  • 転職エージェントは情報量が圧倒的に多い大手を選ぶ
  • 転職エージェント担当者は1社で1名なので3〜5社選ぶ

転職サイトは、検索したときにヒットする求人データベースの量で決まります。国内の転職サイトでは情報量が圧倒的に多いリクナビNEXTであれば、十分な情報収集が可能です。

転職エージェントは、マンツーマンで転職活動を支援してもらえる便利なサービスですが、無料だからといって対応が適当であるとエージェントから断られる場合があります

また、自分から見て信頼できない担当者になってしまう場合もあるため、2〜3社のエージェントに依頼をして最も自分に合った担当者を選ぶようにしましょう。エージェント次第で転職活動の質、志望する会社の選び方が大きく変わりますので、ここは力のいれどころです。

5社の転職エージェントに登録は大変と思われますが、相性が合わない担当者の会社は利用しませんので、最終的に1〜2社を選ぶことになります。転職活動の会社選びや面接対策、会社調整など重要なことを代行してもらう担当者ですので、転職成功のためにぜひ実践してください。

 


「転職を考えている、急いでいない」人におすすめの転職サイト2社

リクナビNEXT/転職を考えたらまず登録

「転職を考えていて、情報収集をはじめたい」のような状況であれば、まずリクナビNEXTに登録します。転職に興味がなくても、転職サイトを選ぶならとりあえずはリクナビNEXTという人が多いです。

選ぶ理由は以下の通りです。

  • 転職サイトの中でも圧倒的に多い求人数No.1
  • 無料で登録するだけで、マイペースで情報収集できる
  • 履歴書の作成見本や書き方、自動作成ツールが使える
  • 適職診断や自分の強みを分析する自己診断ツールが使える
  • 女性の転職特集などのコンテンツが充実

リクナビネクストの評判・口コミ例

複数の転職サイトに登録していますが、情報量はやっぱり一番多いと思います。(30歳女性)
転職をした先輩に聞いて登録しました。情報収集からはじめています。(28歳男性)
自己診断ツールを使って自分に合った会社が見つかりました(23歳女性)

リクナビNEXTにとりあえず登録する

登録はこちら(公式サイト)

doda求人情報サービス/情報コンテンツが充実

業界2位で求人数の多さが魅力の求人情報サービスです。リクナビNEXTと合わせて活用すれば、候補先のボリュームに困りません。dodaは参考になるコンテンツが充実していることが強みです。

選ぶ理由は以下の通りです。

  • 業界2位の転職サイトで求人数が多い
  • 無料で登録するだけで、マイペースで情報収集できる
  • 転職に役立つ情報「転職ガイド」がわかりやすい
  • 適性年収を査定するツールが使える
  • 女性の働き方に特化した求人情報が充実

dodaの評判・口コミ例

リクナビNEXTと合わせて使って早期に転職できた。(26歳男性)
はじめての転職でしたが、転職の情報が充実していて、かなり参考になりました。(23才女性)
深田恭子のCMで知っていたので登録しました。会社を探すのに苦労しましたが、エージェントサービスを併用して3カ月で決まりました。(31才男性)

リクナビNEXTに無い求人を見つけるためdodaに登録する。

登録はこちら(公式サイト)


転職サイトは情報収集には適していますが、本格的に転職活動をはじめる場合は、転職エージェントの方が早いのでおすすめです。


「転職活動を本格的に開始する人」おすすめの転職エージェント3社

様々なエージェントの中から、特におすすめするものを紹介します。一度に全てを登録するのではなく、エージェントの対応をみて自分に合わないと感じたら、他を申し込むようにしましょう。

リクルートエージェント/業界最大・最強のサービス

株式会社リクルートキャリアが提供する転職支援サービスです。求人数の多さと質は圧倒的で32万人に選ばれているというキャッチは言い過ぎではありません。

登録後はすぐに大量のおすすめ求人情報の提供と、エージェントからのカウンセリング調整の連絡があり、すぐに転職活動がスタートします。

応募は強制されませんので、まずは相談して話を聞いてもらうだけでも可能です。

選ぶ理由は以下の通りです。

  • 業界最強でダントツの求人数と質
  • 他の転職エージェントに無い求人が多い
  • 紹介される求人数が大量で選択肢が多くなる
  • これまでの利用者数が最も多い転職エージェント

リクルートエージェントに登録する


マイナビエージェント/リクルートと併用が最適

新卒採用で有名な「マイナビ」の株式会社マイナビのエージェントサービスです。首都圏や関西圏の20〜30代の転職サポートや人事や採用担当者との連携に強いことが特徴です。

選ぶ理由は以下の通りです。

  • 関東エリアの求人を網羅している
  • リクルートエージェントに無い求人が見つかる
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート
  • 他のエージェントと併用すると転職の幅が広がる
マイナビエージェントに登録して選択肢を増やす。

パソナキャリア/老舗の実績と親身なサポートが好評

転職支援の会社として40年の実績をもつ、株式会社パソナ のエージェントサービスです。関東、関西、東海在住の24〜49歳の幅広い年齢の方へ親身なサポート、エージェントのコミュニケーションの誠実な対応姿勢が評価されオリコンNo.1を獲得しました。

選ぶ理由は以下の通りです。

  • 手厚いフォローや親身なサポートが評価されている
  • 転職がはじめての方に丁寧にサポートできる
  • 業界トップクラスの豊富な求人数
  • 他のエージェントと併用すると転職の幅が広がる
  • 女性の転職への対応に強い
初めての転職フォローが充実したパソナキャリアに登録する

まとめ

転職に失敗しないためには、「自分が入りたい会社」かつ「自分に合った会社」をいかに選ぶことができるかです。そしてもう一つの絶対的に重要なのが「選ばれる会社」かどうかです。自分が入りたくても、会社から選ばれないと話になりません。

「自分が入りたい会社」「自分に合った会社」「選ばれる会社」

この3つを全てクリアするのが転職活動です。

ミスマッチが多い理由は「自分に合った会社」を選べていないから。志望会社から内定がとれないのは、本気で「自分が入りたい会社」を選んでいないから。もしくは、「会社から選ばれない」会社を選んでいるから。

最新(2018年1〜12月)のdodaの調査結果では、転職に成功した人が内定までに応募した求人数の平均は19.2社でした。転職活動の成功のために必要なのは、まず転職先として応募する会社の量であることは間違いありません

以上をふまえると、転職しようと思ったらすぐに「転職サイト」で情報収集をスタートすべきです。今の仕事を続けながら、勤務終了後や休日に転職活動をするのは想像以上にストレスがかかり疲労します。活動を本格的にする前の余裕があるうちに情報収集を行い、いざという時に備えておきましょう。