フィットネス業界の会社に転職(就職)を考えている方に、効率よく情報収集をしていただくために役立つ情報を提供します。

セントラルスポーツ/フィットネス業界に転職するための企業研究、評判

このページは、対象の会社について、転職(就職)活動に欠かせない「企業研究」の情報収集の作業を短時間でできるよう、必要な情報をまとめて掲載しています。情報収集に時間をかけるよりも情報を整理して、①志望動機の具体化②自分に合った会社かの見極めをすることに時間をかけましょう。

セントラルスポーツ株式会社はどんな会社?

転職・就職に使える会社理解のポイントを紹介します。

日本初のフィットネスクラブ開業

セントラルスポーツ株式会社は、世界に通用するオリンピック選手の育成を目標に、1964年の東京オリンピックに出場した有志が1969年12月に創業しました。
1970年5月に日本初のフィットネスクラブを開業、リラクゼーションや癒しを取り入れた「ウェルネスクラブ」や、本格的なスパ施設を併設した「ウェルネスタウン」の展開など、全国215店舗(直営154、受託61)を運営しており、日本国内のフィットネス業界における売上高2位のクラブです。

民間初の研究所を設置

他のフィットネスクラブと大きく異なるポイントは、創業からスイミングスクールの事業を中心に「世界に通用する選手を育てる」ことを目的に、水泳人口の拡大と競泳選手の育成に力を入れているところです。
1982年に科学的な根拠に基づいた水泳競技力向上のため「セントラルスポーツ研究所」を設置した後、多数のオリンピック選手を輩出しました。現在は体操競技や運動プログラム、メタボ改善など研究分野を拡大し、競技力の向上、運動効果、健康増進に力を入れています。

幅広い年代に対応

スクール事業が強いセントラルスポーツですが、会社全体の売上高についてはフィットネス事業がスクール事業の約3倍の規模になっています。
フィットネス事業の特徴は、「幅広い年代やニーズに対応したプログラム」「ワンランク上の充実した環境」「各種スポーツ・カルチャースクール展開」を軸とし、ほとんどの施設にプールが併設されていることもあり、スクール事業+総合フィットネスクラブ運営を軸としています。
最近では、時代の変化に対応し、24時間営業ジムの出店や、介護予防事業にも参入し、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を企業理念としています。

特徴

  • 「研究所」を設置、スクール事業に強い
  • フィットネス業界で売上高 2位
  • 総合フィットネスクラブ数が国内最大規模
  • 水泳、体操競技部を社内に設置
  • 幅広い年代やニーズに対応

評判・口コミ例

体を動かすのが好きな私にとっては、仕事で運動するので、デスクワークを行う仕事より、自分に合っていたと思います。(26歳女性)
店舗にもよると思いますが、私がいた店舗は若い方が多く活気がありました。仲がよくスポーツがすきな人が多いので、フットサルの大会なども定期的に行っていました。(25歳男性)
体育会系独特の盛り上がりがあり、酒豪も多い印象。スタッフ同士は普段から割りと仲良くやっていて明るい職場です。(29歳女性)
評判・口コミをさらに調べる
転職会議キャリコネ

中途(キャリア)採用情報

中途(キャリア)採用とは、社会人経験者やフィットネス業界の経験者を対象とした採用のことです。転職先として希望する場合に必要な情報です。各社の公式ホームページの「採用情報」から確認できます。

公式ホームページの採用情報から引用

募集職種:
1. インストラクター
2. レセプションスタッフ(受付)

業務内容:
1. インストラクター
ジムカウンター業務・プール監視・館内清掃・スイムレッスン等
2. レセプションスタッフ(受付)
受付接客・金銭管理・事務作業ほか

給与:当社規程による

その他:未経験者可・経験者優遇・研修制度あり

新卒採用の情報

新卒採用サイトを見れば、「会社の社風」「キャリアアップのイメージ」「採用の方針」「正社員採用の力の入れ具合」などが確認できます。また、新卒の初任給は社会人1年目の金額なので、転職なら少なくともそれ以上の給料になります。
セントラルスポーツは、地方を含めて全国どこでも転勤ができ、将来、事業の中心となって活躍する人材となる「総合職」の月給が最も高く、居住地限定の一般職の月給が最も低くなっています。契約社員としての採用も実施しています。

マイナビ2020から引用

基本給(2018年4月実績)
【正社員】
■総合職コースA
全国コース(大卒) 月給218,500円
■総合職コースB
エリアコース(大卒) 月191,000円
エリアコース(短大・専門卒) 月187,700円
■一般職コースA
居住地限定コース(大卒) 月167,500円~179,500円

【契約社員】
■一般職コースC
居住地限定コース(大卒) 月175,318円~188,818円
居住地限定コース(短大・専門卒) 月172,209円~185,709円
※一般職コースAとCは勤務地により金額が異なる。

採用方針
将来、事業の中心となって活躍する人材を採用するため、人間性を重視し、幅広い学科から採用しています。特に、新しいサービスの企画立案、店舗経営等の分野に興味関心があり、当社の事業に共感してもらえる人を採用していきます。

会社情報

会社名 セントラルスポーツ(株)
親会社、大株主 セントラルトラスト(株)
設立年月 1970年5月13日
主なブランド名 セントラルスポーツ
本社所在地 東京都中央区
店舗所在地 日本全国
店舗数(2019年3月) 215施設(直営154、受託61)
売上(2018年3月期) 535億円
社員数 1,090名
平均年齢 39.4歳
企業理念、経営理念 「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を経営理念に、皆様の“心とカラダの健康づくり”をサポートいたします。
社長メッセージ https://company.central.co.jp/about/topmessage/
事業内容 1.ウェルネスクラブ・フィットネスクラブ・スイミングクラブの企画・運営及び運営受託・指導受託
2.スポーツインストラクターの育成・派遣
3.スポーツ施設の経営コンサルタント
4.マリーンレジャー事業
5.コーポレイトフィットネス事業
6.トラベル事業
7.チャイルドケア事業
8.エステティック事業
9.物販事業、その他
特徴 ・研究所設置、スクール事業に強い
・フィットネス業界で売上高 2位
・総合フィットネスクラブ数が国内最大規模
・水泳、体操競技部を社内に設置
・幅広い年代やニーズに対応
会社情報(公式HP) https://company.central.co.jp/about/profile/
採用情報(公式HP) https://company.central.co.jp/recruit/
正社員中途(キャリア)採用 公式HPあり
前年の新卒採用数 81名
新卒初任給(月給) 【総合職】
・全国(大卒) 218,500円
・エリア(大卒) 191,000円
【一般職】
・(大卒) 188,818円
広告

まとめ

1964年東京オリンピックで勝てなかった元水泳代表選手が、1970年に日本ではじめてフィットネスクラブを設立したのがセントラルスポーツというエピソードがあるように、創業時の理念や思いが強い会社なので、会社の経営者は理念や思いを重視し、人間性を重視した採用選考をしていると思います。

転職先としてエントリーするなら、考え方の面でしっかりとした準備が必要です。セントラルスポーツの企業理念や歴史のどこに共感し、自分は会社に入って何を実現したいのかを語れるくらいの志望動機が必要と思います。

フィットネスクラブ業界では数少ない東証一部上場の大企業です。経営の安定性や信頼性は業界トップクラスです。転職先の候補としてはおさえておきたい会社ですが、今のところ転職サイトでの中途採用の募集はほとんど見あたらず、公式ホームページで通年募集のみなので積極的に転職者の中途採用に力を入れていないようです。
チャンスがあるとすれば、最近スタートした介護予防事業や24時間営業のジムなど、現在力を入れている新事業は、ノウハウを持った経験者を必要としているかもしれません。

 

【お願い】本サイトの情報に不足していること、追加してほしいことがありましたら、大変お手数ですが問い合わせフォームからご連絡をいただければ幸いです。
問い合わせフォーム